サーモンふりかけ

歯垢ケア用キャットフード

人間は歯が痛くなると歯医者に行きます。
では、猫はどうなのでしょう。
もちろん猫も、飼い主が気を付けていないと、歯や歯茎がボロボロになってしまいます。
口の中の健康を保つことはエサを食べるために必要なことです。
ですので、普段からケアを心掛けないと大変なことになるのです。

歯垢がたまると、歯肉炎や歯周病、歯槽膿漏が進行し、口にエサが入れられなくなってしまいます。
また、炎症を起こし熱を出したり激しい痛みに襲われます。
歯垢を防ぐために人間は歯磨きをします。
猫にも同様のケアができますが、動物は歯磨きを嫌います。
毎日歯を磨いてあげたくても向こうに拒まれてはどうしようもありません。
動物病院に行って獣医さんにきれいにしてもらうことも可能ですが、全身麻酔を必要とし、毎回やってもらう訳にはいきません。
やはり、毎日のケアで歯垢を防ぐしかありません。

そのためにあるのが、食べながら歯垢を減らしてくれるキャットフードです。
歯石ケア用のキャットフードは、通常のものより粒が大きく、食物繊維が多く含まれています。
このようなエサは通常のエサよりも噛みにくく、それを一生懸命噛ませることで歯をこすり、歯垢や歯石を減らしていくのです。
特別な動作はいらず、ただ噛むという動作だけで歯の健康を守れることは飼い主にとっても、猫にとってもストレスがかからない一番良い方法です。
通常のキャットフードよりもお値段は高めですが、お口に問題が出始めたら、しばらく歯石ケア用のキャットフードを与え続けることをおすすめします。
一回ではすぐに汚れは落ちませんので継続させることが大切です。

また、エサとしてではなく、おやつhttp://www.richmondvt.com/calendar.phpなどにして与えると金銭的にもあまり問題にはならないでしょう。
さらにプラスして歯垢防止用のスプレーやジェルなどがあるのでそちらを活用するのもよいでしょう。

また、ウエットタイプのエサを与えている場合、ドライタイプよりも歯垢が付きやすくなるので、お口のトラブルを抱えている猫は、選ぶエサのタイプを変えてみてもいいでしょう。
猫にとって食べるということは、生命に関わる重要なことです。
歯の働きを正常にし、毎日健康に過ごしてもらいたいですね。