サーモンふりかけ

キャットフード選びで迷った時

沢山の種類のキャットフードがある中、どれを与えたらよいか迷いますよね。
猫が好きなものを自分で選ぶなら苦労はしませんが、こればかりは飼い主が選んであげなくてはなりません。
そのためにも、キャットフードの選び方のポイントを見ていきましょう。

キャットフードを選ぶポイントとして一番大切なことは安全性です。
いくら安くても、猫の身体を害するものを与えてはどうしようもありません。

キャットフードには大切なたんぱく質の栄養源である肉類が使われています。
肉食の猫には適切な材料ですが、とくに「ミール」と表示されているのは避けたほうがよいのです。
ミールには、4Dミートが使用されているからです。
4Dミートとは、DEAD(死んだ動物の肉)、DISEASED(病気だった動物の肉)、DYING(死にかけだった動物の肉)、DISABLED(障害のあった動物の肉)を使用している肉のことを言います。
現在は、ペットの安全を考えて、4Dミートを使うことは禁止されていますが、もしものために、キャットフードの品質、原材料をしっかりチェックしましょう。

次のポイントは、添加物が含まれているかです。
猫の臓器は人間とは違って、有害物質を外へ排出する力が弱いのです。
すぐには症状は出ませんが、何年も食べ続けて臓器に有害物質が溜まります。
添加物には発がん性の危険があったり、胎児の奇形を誘発する大変恐ろしい薬品が含まれているのです。
そんなエサを与えてしまっては将来的に大病を患い、妊娠にも影響を与えてしまいかねないのです。
また、キャットフードの消費期限を延ばそうとして保存量が多く含まれているのものも添加物と同じ害があります。
できれば消費期限は短くても、保存料、添加物が少なく、オーガニックなどの自然な形のキャットフードを選んであげるといいでしょう。

キャットフード選びで迷った時は、これらの安全性と添加物に注意を払い選んでください。
ただし、猫にも好みはありますので食べてくれない場合があります。
その時は、無理に食べさせなくても、普段のエサに混ぜたり、おやつに与えてみたりと、猫が慣れてくれるまでじっくり待つことも必要なのです。
キャットフードの口コミを参考にするのもおすすめです。