サーモンふりかけ

ライフステージ対応のキャットフード

子猫の時の身体の状態と、老年の身体の状態では違いがあります。
また年齢によって求めている栄養素が違ってくるのです。
そのため、年齢に合わせた機能を持つライフステージ別のキャットフードがあるのです。
ここでは、年齢別にどのようなキャットフードがあるのか見ていきましょう。

猫も人間と同じように子供から大人になります。
それを段階分けしたのが「ライフステージ」です。
ライフステージには、生まれてから1年を「幼猫期」、2歳から7歳までを「成猫期」、7歳から上を「老猫期」に分けます。

「幼猫期」には、生まれてからの授乳期も含まれ、授乳期はフードではなくミルクhttp://www.sandiegoperforms.com/ARTSTIX/index.htmlを与えます。
母猫がいる場合はお乳がありますが、いない場合は代用のミルクを与えてください。
そしてお乳を離れフードを食べ始めても幼いためにまだタンパク質、炭水化物を消化する力がとても弱いのです。
そのため、幼猫期は消化がよいものを与えるか、幼猫期用の脂肪分が多く含まれるフードを選んであげるのがいいでしょう。

「成猫期」に入ると、永久歯が生えそろい、歯垢や歯石の付着を気にしなくてはならなくなります。
また、よく食べるようになるため、脂肪の過剰摂取に気を付けないと肥満の恐れが出てきます。
成長期に適したキャットフードを選びましょう。
これらのことで問題があるようならば、歯垢防止用のフードや、脂肪が少ないダイエットフードを与えるのがいいでしょう。

「老猫期」に入ると、成猫期と違い食欲、体力ともに衰えが見えてきます。
また、消化する力も衰えてきますので、消化の良く低カロリーな老猫用のキャットフードに変えてあげましょう。

このほかの時期以外にも、避妊・去勢手術を受けた猫用だったり、 妊娠している猫用のキャットフードがあります。
手術を受けた猫はホルモンの分泌の仕方が他の猫と違います。
ホルモンの変化に体がついていけるよう、フードも専用のものを与えて、身体を整えてあげましょう。

猫の成長は早く、生まれたから1歳で人間にして17歳~19歳になり成猫となります。
それ以降は1年に4歳も年を取るのです。
飼い主がしっかりと成長を見守り、ライフステージに合ったエサを与えてあげることが、猫が健やかに毎日を送れる秘訣なのです。