サーモンふりかけ

キャットフードと安静時エネルギー要求量

キャットフードのパッケージには一日に与えるエサの適正量「給餌量」が表示されていますが、参考程度の数字で自分の猫の年齢や体調によっては当てはまらないこともあります。
そこで必要なのは「安静時エネルギー必要量(RER)http://www.petemergencytreatment.com/energy.html」という公式です。

「安静時エネルギー必要量(RER)」とは、安静時における正常な状態の動物が、中程度の気温環境下で摂食した場合のエネルギー要求量です。
これを求める公式は「安静時エネルギー要求量(RER)=70×(体重)0.75乗」、または、「RER=30×(体重kg)+70」で出すことができます。
さらに、RERに発育段階に合わせた係数をかけて「(一日当たりのエネルギー必要量)DER」、一日にどれくらい食べたらいいのかの目安を出します。

ちなみに係数は、一歳以上の未去勢=1.4、一歳以上の去勢済み=1.2、活動的な猫=1.6、肥満傾向=1.0、減量中=0.8、治療中=1.0、増量中=1.2~1.4、妊娠中=1.6~2.0、授乳中=2~6、老年期=1.1~1.6になります。
例えば、一歳以上で未去勢のオス猫の体重が6kgの場合、「安静時エネルギー必要量」=30×6+70=250、「一日当たりのエネルギー必要量」=250×1.4=350になり、一日に必要なエネルギー量は350kcalになります。
この計算をしたうえで、お手持ちのキャットフードで何gになるか計算することによってどれくらい猫にエサを与えたらよいのか分かるはずです。
さらにおやつの場合は、通常キャットフードを与える量の一割以下を与えるのがよいでしょう。

ただし、この数値はあくまで目安であり、飼い主がしっかりと猫の身体の様子を見てエサを与える量を調節していきましょう。

キャットフードは、猫の年齢、体重、ライフステージなどで与える量が変わります。
痩せているから沢山上げる、太っているから少なくするなどの安易な考えで与えてはなりません。
食べ過ぎて肥満になったり、下痢や嘔吐をしてしまう可能性があります。
キャットフード選びは猫の健康管理に重要です。
これらの公式を利用してしっかりと猫のエサの管理をしましょう。