サーモンふりかけ

キャットフード好き嫌いの対処法は

猫は匂いや味に敏感で、キャットフードを変えたりするとすぐにそっぽを向いてしまいます。
猫が好んで食べてくれるといいのですが、そうでない場合は、頑として食べませんのでせっかくいい製品を選んでも無駄になりますね。で
は、猫の好き嫌いにはどのように対応したらよいのでしょうか?

猫が好き嫌いをはげしてしまう原因には、幼猫期の食習慣が挙げられます。
かわいい子猫には好きなものを好きなだけ上げてしまう飼い主もいるでしょう。
また、求められれば求められた分だけ際限なく与えてしまう事もあります。
それで猫が喜ぶことはこちらも嬉しいのですが、これでは規則正しく食べる習慣が養われません。

また、好きなものだけ与えていると栄養バランスも崩してしまいます。
甘やかすと癖になってしまいますので、いくら可愛くてもしつけは必要です。
心を鬼にして、食習慣のしつけを厳しくすることが大切です。
もし、成猫から飼い始める場合でも、エサの時間を守り、好きなものばかり与えず、必要な時以外はダラダラと与えないことです。
時間はかかりますが諦めずに繰り返すことが大事なのです。

さらに、猫はとても警戒心の強い動物です。
新しいキャットフードにいきなり変わっていたら、匂いや味の違いに敏感に反応し拒絶します。
全てをすっかり変えるのではなく、前に食べていたフードに少しづつ混ぜて、最終的に新しいフードに変えて行く方法をとった方がよいでしょう。

また、フードの鮮度にも敏感に反応します。
やはり生き物は鮮度の良いものを好んで食べます。
特にドライフードに湿気が含まれるとすぐに鮮度が落ちてしまいます。
カリカリしていたのが、柔らかくなるのですぐに分かります。
このような時はすぐに新しいフードに変えてあげてください。
もったいないからと与え続けると体を壊してしまう恐れがあります。
それでもキャットフードを拒否したり、明らかに食欲が落ちている時は病気が疑われますので、早めに動物病院を受診しましょう。

さらに、運動不足によってお腹が空かない場合もあります。
その時は、室内であってもしっかり運動をさせ、お腹を空かせるように管理して下さい。
猫の好き嫌いは飼い主の管理によって大きく左右されます。
最初は難しくても、諦めずに軌道修正してあげることが大切です。