サーモンふりかけ

牛肉使用のキャットフード

人間のペットとして定着している猫ですが肉食の動物です。
そのため猫には肉類のタンパク質が必要であり、牛肉を使用したキャットフードがよく見られます。
では、牛肉使用のキャットフードとはどのようなものなのでしょうか?

ボディービルダーやアスリートたちが筋肉を付けたいためによく牛肉を食しています。
筋肉増強を促す牛肉には、良質なたんぱく質と脂質が含まれています。
牛肉のタンパク質には筋肉や内臓、血液や皮膚を生成する働きがありますので、人間や動物を含め必ず必要になる栄養素です。
キャットフードにタンパク質は必須です。
また、ビタミンB2やビタミンB12などのビタミン類やカリウムや鉄分や亜鉛などのミネラル、8種類の必須アミノ酸がバランスよく含まれており、身体の基礎を作り上げでくれるのです。

たくさん身体を動かすことが好きな、肉食である猫には良質なたんぱく質が必要です。
しかし、牛肉を与えようと味付けされた牛肉料理を与えることは、猫の臓器の機能を低下させ最悪重大な病気を引き起こさせることになるので注意が必要です。
また、生で少量の牛肉を与えることも可能ですが、食中毒の危険性があるのでリスクがあります。
牛肉の食べさせたい時は、牛肉入りのキャットフードを与えることをおすすめします。
動物用に精製されているので猫の身体にも問題ありません。

キャットフードによく使われているのは、牛肉の他に、チキンやラムや七面鳥があります。
しかし、これらの肉は、人間が食べるには適さないものですが精製されて汚染はされていないのでペット用にされているのです。
しっかりと管理されたものならよいのですが、悪いものだと事故死した動物や病死した動物、身体に悪影響を及ぼすような薬品を使われた動物などを使用している場合がありますので、異常に安い製品や訳の分からないメーカーのものを選ぶのは避けたほうがよいでしょう。
さらに、脂肪分が多くカロリーが高いので、毎日与えるのではなく、他の栄養素のバランスも考えて与えたほうが猫の病気や肥満を回避させることができます。

かわいい猫には、沢山の栄養を摂って元気でいて欲しいですよね。
スタミナを付けてくれる牛肉はそんな猫たちにぴったりの食材です。
普段のエサの他にも、おやつとして牛肉が使われている製品も多いので、それらを利用し牛肉を摂らせてあげるのもよい方法ですね。